So-net無料ブログ作成
検索選択

神奈川県動物保護センター見学会 [にゃんこ・わんこ]

sDSC_1043.jpg


昨日、犬の学校の課外授業で神奈川県動物保護センターに行ってきました。
こちらの所管は、28市町村(横浜市川崎市、横須賀市相模原市及び藤沢市を除く)です。
そして、昭和47年㋃に神奈川県犬管理センターとして開設された施設です。
現在は、職員さんと、登録ボランティアの団体・個人の方の努力で命を繋ぐ活動にシフトされています。

もともとが、犬の管理センターだったので、今の建物の中には猫の居場所がないのが現状です。
ただ、こちらのセンターでは、犬は2013年、2014年と殺処分0を更新しています。
そのうえ、ねこもついに2014年には殺処分0を達成しました。

ねこは、外を歩いていても保護はできません。
収容されるのは、乳飲み子の子猫が多いわけです。
このこたちは、2,3時間おきにミルクを飲ませ、排泄をさせ…と手がかかります。
現実に、収容されても職員さんだけでは手が足らないし、施設は土日はヒトがいません。
少数なら職員さんが家に連れ帰って…ということもできますが、季節になるとそんなこともできず、
結局処分せざるをえない…というのが今まででした。

sDSC_1044.jpg
動物慰霊塔です。


今、神奈川県では、乳飲みの子猫が収容されたときには、
猶予期間であっても保護ボランティアのうち「乳のみボランティア」さんに連絡を取って
すぐに預けて哺乳をお願いするシステムができあがって以来、子猫の処分が減り、
ついに殺処分数0になったそうです。
そういう乳飲み子については、できるだけ2匹いっしょの譲渡もしているそうです。

こちらでは登録ボランティアは団体、個人ともに数も多く、センターと連携して活発に活動されています。
センターの譲渡会だけでなく、保護団体に移動した犬や猫たちの情報も公開されていて、新しい飼い主さんを待っているそうです。また、年に1回は譲渡された犬猫の同窓会があったり、近況報告なども廊下に張り出されていました。
772249.JPG
778863.JPG
収容室にいたねこさんたち


殺処分0は、並大抵のことではないです。
本当なら収容0であることが目標ですよね。

140924_085606.jpg
私たちは、終生飼養と迷子防止に気をつけましょう♪


こちらのセンターは老朽化していること、
処分する施設から生かすための施設へ…
平成31年に建て替えが計画されていて
神奈川県知事を筆頭にキャンペーンをしているところです。


ブログランキングに参加中!

応援よろしくお願いします♪
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 5

コメント 2

のらん

処分する施設から生かすための施設へ・・・
少しずつ、動物愛護への心ある考え方が根付いてきましたね(^.^)
by のらん (2016-03-12 15:22) 

女系猫猫犬家族

そうですね。
それにはボランティアや保護団体、個人で保護して里親募集する方、哺乳ボラの方…といったみなさんの力のおかげとセンターの方もおっしゃっていました。
by 女系猫猫犬家族 (2016-03-14 17:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。